読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

guruguru123’s diary

かなり雑な作業日記です。

マウスでArduinoを操作

前回と前々回で作ったプログラムを改変して、スイッチやカウンタで変化させていた部分をマウスでの操作に置き換えてみた。

一つ目は、7/2のものの、スイッチをマウスの左クリックに置き換えてみた。図の左下にある、マウスを初期化と入力データの取得の関数は、コネクティビティVIおよび関数>入力デバイス制御VI、にある。今回は左クリックのみを使用したため、バンドルを解除し、左クリックにあたるデータのみを用いた。

f:id:guruguru123:20150716225132p:plain

二つ目は7/9のものを改変し、配列要素の指定を、whileループのカウンタではなく、マウスのホイールでしていするようにした。下に2つの図がある。上のものは常に初期位置、つまりゼロ番目の配列を指定していて、ホールが回されたらその回転数に応じて配列を指定していく。しかし、このプログラムでは一度ループが回ると初期化されるため、次のループではゼロ番目の配列を指定する。ここでホイールから取得した値を120で割っているのは、ホイールを回すと1目盛につき120の値が取得されるためである。

下の図では、ホイールから指定した配列要素を次のループでも保持していられるようシフトレジスタを用いた。さきほど1目盛で120と書いたが、ホイールを前に回すと+120、後ろに回すと-120が取得できる。そのため、例えばホイールを前に3目盛回して配列要素の三番目を指定した場合でも、後ろに2目盛回せば一番目を指定できる。

f:id:guruguru123:20150716225136p:plain

f:id:guruguru123:20150716225139p:plain