guruguru123’s diary

かなり雑な作業日記です。

Papilio Pro基板上SDRAMの利用(4)

基本的なSDRAMの動作について勉強したが、いまいちアドレス指定の仕方がわからない。ざっくりとアドレス指定のブロック図を示すと以下のようになると思う。SDRAMはクロックに同期して動作するため、ロウ/カラム・アドレスは同一の信号線を用いる。図では、バンクを指定してからロウ・アドレスを指定となっているが、データシートを見ると、実際に指定する際には同時に行うようだ。

f:id:guruguru123:20160616232946p:plain

起動直後は、このループに入る前にモードレジスタを設定する必要があり、アドレスの信号線を用いて行う。

自分で作成するものは、まずシングルライトでバースト長1のものを作成する。とりあえず1つのデータを読み書きできるようにする。

最終的な目標としては、AD9851に出力する40bitデータをSDRAMに蓄えておき、順次読み出してAD9851の出力を高速に切り替えられるようにしたい。実際には8bitは固定で32bitデータのやり取りになるだろう。