guruguru123’s diary

かなり雑な作業日記です。

AD9851ドライブ用データをRS232C通信を用いてPCから選択

そろそろ外部でデータ生成をして、それをRAMに格納して順次読み出し、AD9851をドライブする。といったものを作っていきたい。

今回は、PCからデータを受け渡す機構として、以前も出てきたRS232Cを使って試したいと思う。いきなりデータ生成まで作るのは大変なので、今日はとりあえずRS232Cのブロックを組み込んで、前回の状態選択の入力をPCから行えるものをつくってみた。

状態が5つしかないので、wを0、r1を1、r2を2、r3を3、r4を4のキーを押すことによって指定するようにした。0,1,2,3,4はアスキーコードの16進でX'30'、X'31'、X'32'、X'33、'X'34'であるので、それらが入力されたら指定された状態へ、それ以外の入力は待機状態のままになる。今回もPC側からの入力にはTera_Termを用いた。

とりあえず組んで、書き込みをしたところ、またリクエスト信号が立ち上がりっぱなしになっていたようだ。そこを修正したら、正しい出力が確認できた。