guruguru123’s diary

かなり雑な作業日記です。

SDRAMのバースト動作(2)

AD9851を高速にドライブするために、SDRAMに蓄えられているデータを連続で読み出してAD9851へドライブする機構を作成する。

今回もバースト長は4で、64ビットで一つのデータとして扱う。

今回はあらかじめSDRAMに10個の64ビットデータを蓄えておき、それを読み出していく。10個のデータはreqwのコマンドを送ることで書き込まれる。

読み出し方は、reqrのコマンドを受け付けた後、PCに"addr?"と出力させ、スタートアドレスを入力、その後また"addr?"と出るので、ストップアドレスを入力する。このとき、スタートアドレスはストップアドレスより小さくなければならない。これは、アドレスをインクリメントして、次々データを読み出しているためである。

動作させたところ、スタートからストップまで問題なく出力され、出力を維持することが確認できた。これを改良して、指定した範囲をループしてのドライブなどの動作を行えるようにしていく。